薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

増毛・発毛・育毛・植毛は何が違うの?

884views

Share Button

薄毛治療にはいろいろな種類があります。
増毛・発毛・育毛・植毛などがありますが、具体的にこれらはどのような違いがあるのでしょうか?

増毛・発毛・育毛・植毛について

増毛・発毛・育毛・植毛の違いについてそれぞれ詳細に説明します。

増毛について

増毛とは、1本の毛髪に複数本の人工毛を結び付けたり、人工毛を結び付けた細い糸を自毛に編み込んで、髪が増えたように見せる治療法です。即効で髪を増やすことが出来ます。

発毛について

頭皮を改善し新しい髪の毛を増やすことを発毛と言います。髪の毛の生えなくなった毛穴から新しい毛を生やす方法なのでどんなに薄毛の人でも発毛をすることが出来ます。

育毛について

現在生えている髪の毛を健康に保ちつつ、抜け毛を防ぎ、太く強い髪にすることが育毛です。髪の毛が細くなったり、産毛のように細くなった髪の毛でも育毛をすれば太く健康な髪の毛にしていくことが出来ます。

植毛について

頭皮に人口毛や人毛を人工的に植え付けていく方法が植毛です。植毛は外科的手術が必要な医療行為ですから上記の3つとは異なります。

増毛・発毛・育毛・植毛のメリットやデメリットについて

増毛・発毛・育毛・植毛のメリットやデメリットについて説明します。

増毛のメリットやデメリット

人工的に髪を増やしているので即効で髪を増やすことが出来ます。本当の意味で薄毛が改善するわけではないので、周囲の人にばれる危険性もあります。

発毛のメリットやデメリット

発毛は、自分の髪を新たに生えさせる方法なので、自然な形で髪の毛を増やすことが出来ますが、髪の毛が生えるまでにはかなり時間がかかります。根気よく長期間治療を行っていかなければなりません。ただし長期間の治療を行ったとしても必ず髪の毛が生えてくるとは限りません。

育毛のメリットやデメリット

今現在ある髪の毛を大切に育てる方法が育毛なので、これ以上髪の毛を減らしたくない人にお勧めの方法です。細き髪の毛も育毛によって太く丈夫に育てることが可能です。育毛剤や生活スタイルの改善、育毛サロンに通うことで育毛をしていくことが出来ますが、多少なりとも髪の毛が生えていないと育毛をすることは不可能です。髪が頭皮にないと育毛はできません。

植毛のメリットやデメリット

生えている場所から生えていない場所へと髪を植え替えていったり、人工毛を使って植えることになるので即効髪の毛を増やすことが可能です。ただし外科手術になるので費用は高額になります。さらに、身体が異物と判断し、拒否反応を起こすこともあります。

薄毛対策で失敗しないために

薄毛対策には増毛・発毛・育毛・植毛などの4つの方法がありますが、失敗しないためにはどうすればいいのでしょうか?

自分の頭皮を把握

薄毛対策のために治療を行う場合、今現在の自分の頭皮の状態を把握しておきましょう。自分の現状を分析し、何が必要か理解することが大切です。初期の場合は発毛・育毛、薄毛が進行してしまっている場合は増毛・植毛になります。

薄毛の具合を受け止める

自分の薄毛の状態を理解して受け止めましょう。症状に合っていない方法で自分で薄毛対策をしても、効果が薄くなってしまいます。自分の薄毛の進行度を知り受け入れることでどの治療法が一番適切かを知ることにもつながります。薄毛の状態を理解出来たら早めに治療を始めることが大切です。

まとめ

発毛、育毛、増毛、植毛はそれぞれに特徴があります。どの治療法が一番自分の頭皮の状態を改善してくれるかを考えて治療法を選択しましょう。適合しない治療法を行うと、薄毛の状態が進んでしまう場合もあります。

Share Button

薄毛テラスの想い