薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

冷たい飲み物が薄毛を招くとは本当?

1171views

Share Button

冷たい飲み物ばかり飲んでいると薄毛になるという噂があります。この噂本当なのでしょうか?

冷たいのも物は体に良くない

冷たい飲み物は体にとってはあまりお勧めできません。冷たい飲み物の悪い点をお伝えします。

体が冷える

冷たい飲み物ばかり飲んでいると体が冷えます。これは当然と言えば当然のことです。夏の暑い日にのどが渇き体がほてって熱い時には体を冷やすためや、のどの渇きをうるおすために冷たい飲み物を飲みます。大量に冷たい飲み物を飲むと体の温度が一気に下がっていく感覚になって、爽快です。夏の暑い時期なら冷たい飲み物はいいでしょうと思うかもしれませんが、夏でもあまり冷たすぎる飲み物を飲むことはお勧めできません。

冷たい飲み物を飲むと体が冷えるのでその結果欠陥が収縮します。血のめぐりが悪くなってしまうので、髪の毛の先端にまで栄養分が行き渡りづらくなってしまうのです。発毛が悪くなることも考えられるのです。

内臓機能低下

冷たい飲み物は内臓の機能を低下させてしまいます。内臓の機能が低下することと薄毛は関係が薄いように思えるかもしれませんが、内臓の機能が低下すると食事から摂取した栄養分の吸収率が下がってしまいます。結果的に栄養が髪の毛に行き渡りづらくなるのです。

また内臓の機能が低下すると体が守ろうとして脂肪がついていきます。体に脂肪がついて太ってしまうと、栄養分は体に取られてしまい髪の毛にまで到達しなくなってしまいます。太っていくと薄毛にもなりやすくなるので注意しましょう。

冷たいものを飲みたいときの対策

冷たいものが絶対口にしてはダメということではありません。冷たいものを飲むときには工夫をして薄毛対策をしましょう。

冷たいものを一気に飲まない

冷たい飲み物を一気に飲みたくなる時もあるでしょう。夏の暑い日にのどがカラカラに乾いているときには一気に冷たいものを飲みたい衝動に駆られます。しかし、一気に冷たいものを体に入れると急激に温度が下がってしまいます。一度に大量の冷たいものを摂取すれば内臓の負担も大きくなりますので、少しずつ飲みましょう。

のどが渇いているときも温かい飲み物を

のどが渇いているときにキンキンに冷えた冷たい飲み物を飲みたいと思うかもしれませんが、温かい飲み物を飲む方が水分補給が早いです。どうしても温かい飲み物では嫌だという場合には、あまり冷やさず常温のものを飲むようにしましょう。体に負担をかけることもないので、薄毛対策にもお勧めです。

血行が悪くなると

血行が悪くなるとどうなるのでしょうか?

栄養が行き届かない

血液は栄養分を体の隅々に送り届ける働きがあります。血行が悪くなると体に必要な栄養分が届けられにくくなってしまいます。髪の毛の先にまで栄養分が行き届かなくなってしまうので髪の毛が成長しきらないうちに抜け落ちるので、薄毛になってしまうでしょう。

頭皮の血行が悪くなる

血行が悪くなると当然頭皮の血行も悪くなってしまいます。頭皮の血行が悪くなると髪の成長に影響を及ぼします。髪の発育が妨げられてしまうのです。

まとめ

冷たい飲み物ばかり飲んでいると薄毛になるという噂は本当です。冷たい飲み物は体を冷やし血行が悪くなってしまうので、栄養が行き届かなくなり髪の成長を妨げます。冷たい飲み物を一気に飲むことは止めましょう。冷たい飲み物を飲む場合には少しづつ飲みましょう。

Share Button

薄毛テラスの想い