薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

AGA治療の辞め時は

6394views

Share Button

AGA治療は一生続けなければならないのでしょうか?治療をやめると薄毛が進んでしまうのでしょうか?ここではAGA治療の辞め時について紹介します。

AGAは完治できる?

AGA治療を行えばAGAは完治するのでしょうか?

AGA治療とは

若いのに男性ホルモンの影響によって髪の毛がどんどん薄毛になっていくことを俗に若禿と言いますが、額がどんどん後退していくような薄毛もあれば、頭頂部がどんどん薄くなっていく薄毛もあります。これらの進行を防ぐためにAGA治療を始めます。

AGA治療では基本的に薬を服用します。プロペシアを服用する人が多いでしょう。プロペシアは男性型脱毛症の治療に有効とされる錠剤です。継続して服用することで発毛サイクルを正常に保つ働きが期待できるのです。

副作用

AGA治療で服用するのは薬ですから当然副作用もあります。副作用としては性障害や肝臓の障害があげられますが、重篤な症状になっている人は今のところいません。ただし、薬ですから医師に処方してもらわなければなりません。服用するときには医師と相談をして決めていきましょう。

AGA治療の期間

AGA治療はどのくらい行えばいいのでしょうか。

AGA治療期間について

AGAの治療期間は一体どれくらいになるのでしょうか?治療が長引けばそれだけ利用代の負担が大きくなってきます。できることなら早めに完治させて治療を終えたいと思うでしょう。

AGA治療で効果を実感し始めるのは半年から1年ほど経ってからという人が多いようです。まずは薬によってヘアサイクルを正常化させなければなりません。それから薄毛にならないようにしていくので簡単に発毛を促進できるわけではありません。治療には時間がかかってしまうのです。

治療の安定期

継続してAGA治療薬を飲んでいると症状が安定してくる時期があります。プロペシアを飲み始めてだいたい4年目以降になると症状が落ち着くので「安定期」と呼ばれています。症状が落ち着いてくれば完全に飲むのをやめるのは少し怖いので、服用の量を減らしてもいいでしょう。安定期であれば薬を服用するのを2日に1回にしても問題はありません。

やめると薄毛になる

AGA治療をやめてしまうと再び薄毛に逆戻りしてしまうのでしょうか?安定期になればプロペシアの服用を止めてもすぐに薄毛になることはありません。ただし全く飲まなければ症状が戻ってしまう恐れもあるので完全にやめるのは考え物です。完全に飲まなくなってしまうと半年ほどすれば薄毛の症状が出始めてしまうのです。

治療の辞め時

治療を一生行ってもいいですが、ある程度すれば辞めたいと思うときがやってくるでしょう。治療の辞め時について説明します。

目標設定に達したら

AGA治療を始めるときには、自分の中で薄毛の状態をここまでの状態に改善したいというものが具体的にあるでしょう。早ければ3か月後には薬の効果が表れてきます。遅い人でも1年ほどすれば薬の効果を感じることが出来るようになるでしょう。あらかじめ目標を決めて治療を行えばやる気も出てきますし、頑張ろうという気持ちになります。

1年ほど経過しても何の変化も感じないどころか、薄毛が進んだと思うようであれば治療をやめる気持ちになるでしょう。

治療を辞めるときにはある程度目標に到達したからやめようという人もいるでしょうし、自分の思うような効果が得られないために治療を辞めようと思う人もいるでしょう。いずれにしても治療を辞めるときには商法戦を出してくれた医師に相談をしましょう。

AGA治療以外の方法

薄毛で悩んでいる人でAGA治療を行ってもあまり効果を感じられない人は別の治療法を考えるでしょう。治療ではあまり効果が出ないのであれば、自毛植毛などの手段も残されています。医師と相談の上、AGA治療を辞めて別の方法に切り替える方法もあります。

まとめ

AGA治療は人によって効果が違います。3か月程度で効果を感じられる人もいれば1年たってもあまり効果を感じられない人もいるのです。自分の目標している状態に達したらAGA治療を少し控えてもいいでしょうが、完全にやめてしまうと半年程度で再び薄毛の状態が戻ってくる可能性が高いです。

Share Button

薄毛テラスの想い