薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

傷が残らない植毛って本当にあるの?

1099views

Share Button

植毛は外科手術になるので傷跡が残ってしまうのではないかということが大きな不安となっている人も多いでしょう。傷が残らない植毛があるのでしょうか。

植毛について

植毛をすると確実に髪の毛を増やすことが出来ます。今までいろいろと薄毛対策をしてきたがどれも効果がなかったという人にとって、植毛は最後の頼みの綱と言えます。

植毛とは

植毛は地毛を頭髪の薄い部分に植毛をする方法です。特に薄毛で悩んでいるAGAの人は生え際や頭頂部が極端に薄くなっているので、その部分に髪の毛が多い部分から地毛をとってきて植毛をする場合が多くなっています。

傷跡が目立つ

通常の植毛は採取した自毛を薄毛部分に移植するときに頭皮に切り込みを入れて測網をしてきます。切り込みを入れることになるので、傷跡が目立ちやすくなってしまいます。切り込み部分からは出血があります。その後かさぶたとなるので、目立ちやすくなってしまいます。特に短髪の人は傷跡が目立ちやすくなってしまうでしょう。ある程度髪の毛が長ければ傷跡を隠すことが出来ます。ただし傷の上には毛が生えてこないので、髪の毛で工夫して傷を隠す必要があります。

傷跡が残らない植毛について

通常の植毛であれば傷跡が目立ってしまいますが、傷跡が残りにくい植毛方法があるのです。

トリコフィティック縫合法

トリコフィティック縫合法は、地毛を移植するときに切り込みを入れますが、その切り込みを縫合するときに、特殊な方法で行います。傷の上縁をかぶせるように縫合するので傷が目立ちにくくなっているのです。特殊な縫い合わせをするので傷跡の上にも毛が生えてきますから、余計に目立つことはないのです。

メスを使わないFUE法

メスを使わずに植毛する方法があります。メスの代わりに吸引パンチという専用の機械で髪の毛をくりぬいて植毛をしていく方法でFUE法と呼ばれています。1mm未満の点状の傷しかできないのでほとんど目立つことはありません。

傷跡が残らない植毛のデメリット

傷跡が残らない植毛方法にはデメリットもあります。

費用が高い

傷跡を残らないようにする植毛方法は特殊な機械を使ったら特別な技巧を用いるので費用が高くなってしまいます。手術時間もかかってしまうので、基本の手術料自体も高いです。

髪を短く

傷跡を残さない植毛方法をする場合、髪の毛を短くしておく必要がある場合もあります。場合によっては短く切らなければならないでしょう。ヘアスタイルを変えずに植毛を希望している人にとってはデメリットとなるでしょう。

まとめ

通常の植毛であれば傷跡が残ってしまうので、その傷を見られることによって周囲の人に植毛を疑われる場合もあるでしょう。傷が残らない植毛であれば傷は残らず目立ちにくいですが、不要が高くなってしまいます。薄毛対策に植毛は大変魅力的です。どちらにすべきかはよく相談をしてから決めていきましょう。

Share Button

薄毛テラスの想い