薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

AGAのメカニズムを知って対策する!

893views

Share Button

AGA=男性型脱毛症に悩む男性は年々増加しています。薄毛の対策には高い育毛剤を使うだけでは不十分なことも。しっかりとAGAのメカニズムを知って対策をしましょう。

AGAについて

AGA(Androgenetic Alopecia)は男性型脱毛症とも呼ばれます。
その脱毛症状には男性ホルモンが深く関係しており、
前頭部、頭頂部が薄毛になることが特徴です。
テストステロンという男性ホルモンが「ジビドロテストステロン」に
変化することが原因とされます。

脱毛の原因物質「DHT」の悪い働き

ジビドロテストステロン(DHT)は薄毛の原因にもなりますが、
その他、身体に悪い影響を及ぼすことがあります。
その諸症状をご紹介します。

薄毛

男性ホルモン受容体に作用して毛髪サイクルの異常を引き起こします。
毛が十分に抜けてしまうことで薄毛の原因になります。

前立腺肥大

排尿・蓄尿に影響が出ます。排尿が困難になったり、
頻尿になり1日に何度もトイレに行く原因にもなります。

精力減退

元気が出なかったり、男性機能が正常に働かなくなります。
うつなどに繋がる可能性もあります。

df0de1562fc67c580d18cb3a8ec97d3d_s

肌荒れ

ニキビなどの肌荒れが起こります。

AGAの原因

GAの原因は良質な男性ホルモン「テストステロン」が
「ジビドロテストステロン」に変化することによります。

5α-リダクターゼ

AGAの最大の要因です。テストステロンをジビドロテストステロン(DHT)に
変化させる酵素です。
テストステロンの量には個人差はあまりないとされています。
個人差が多いのが5α-リダクターゼの分泌量ですので、DHTの量に直接
関わります。さらに5α-リダクターゼを持つ遺伝子は優勢なので
遺伝しやすいというのも特徴です。

アンドロゲンレセプター

アンドロゲンレセプターとは、毛根に存在するホルモンの受け皿です。
この感受性が高い人はDHTの影響を受けやすく薄毛になりやすいと言えます。

ストレスなど

ストレスや食生活などの生活習慣もAGAの原因になります。
不規則な生活で身体にストレスがかかると、代謝や結構が悪くなり、
薄毛の進行が早くなることがあります。
慢性的なストレスはホルモンバランスの乱れにも繋がり、
AGAに影響してきます。

29e4249217ed0aca74e7e081b73ab9b4_s

Share Button

薄毛テラスの想い