薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

良質な睡眠は薄毛対策に繋がる!

Share Button

普段ぐっすり眠れていますか?眠っている時間は実は薄毛対策に非常に有効な時間なんです。いつも眠れない、寝れても睡眠が浅い…。そんなあなたは薄毛の危険信号が出ているかもしれません!!睡眠と薄毛の関係をしっかり把握して育毛を行いましょう。

はじめに

仕事や勉強が忙しいと、ついつい睡眠不足になりがち。
ですが育毛のためには睡眠が重要な要素になるのです。
睡眠時間と薄毛の関係についてご紹介いたします。

150415502186_TP_V

睡眠時間と薄毛の関係性

仕事で睡眠不足が続くと、抜け毛が増えたり、
髪の毛が細くなり、コシが弱くなったと感じる方がいます。
それは気のせいでなく、実際に睡眠不足は薄毛の原因になります。
その理由を見ていきましょう。

 

睡眠中に育毛される

睡眠中は身体や髪の成長を司る成長ホルモンが分泌され、
身体の細胞が分裂し、成長・修復作業が行われます。
その睡眠を取らないでいたり、リズムが乱れると、
身体の正常な回復機能が働かず、薄毛や老化の原因となります。
また睡眠時間が短いと、優先度の高い内臓を先に修復しようとします。
身体の1番外側にある髪の毛などは回復が後回しになってしまうのです。
また十分な睡眠がとれている方は精神的にもポジティブになり、
日常的なストレスのダメージも受けにくいと考えられています。

 

忙しくて寝れない方は

夜10時から深夜の2時頃の時間が成長ホルモンが1番分泌されます。
睡眠時間が短くても、この時間帯に寝ることが多いのであれば、
ほかの時間帯に寝るよりも薄毛を防ぐ効果が期待できます。

また”眠りの質”も重要です。
ソファで寝てしまったりする方は要注意。
しっかりとベッドやふとんでお休みになることをおすすめします。
不自然な態勢では深い眠りにつくことができません。
さらに、アルコール類を飲んでいたり、食後すぐに寝るのも睡眠の妨げになります。
眠りが浅くなり、成長ホルモンもうまく分泌されません。

5e881f420c745bc33e67ca72d8314e35_s

 

深く眠る5つのコツ

ちょっとした工夫で眠りの質を向上することができます。
育毛をするのであれば生活習慣も同時に見直していきましょう。

98e6bcadbaee811206d5c750b673a40a_s

 

寝る前のルーティンを作る

寝る前には必ずこれをする!など、ある行動をすることで
「眠る時間」だと身体に覚えさせることは有効です。
自然に眠るモードにすることで寝付きも良くなります。

 

寝る前に悩みは整理しておく

ベッドの中で次の日の仕事について悩むことは
誰にでも経験があると思います。

そういった悩みは就寝前に「明日考えよう!」と
決めておくことでスッと眠れるかもしれません。

 

朝日を浴びる

朝日は体内でセロトニンを分泌させます。
セロトニンの分泌から約15時間後に人間は眠くなります。

朝7時に朝日を浴びた場合は、
だいたい22時頃に眠りやすくなってきます。

CK0I9A9020_TP_V

アロマオイルを使用する

リラックス効果のある香りは質の良い眠りを促します。
特にラベンダーは精神を落ち着かせる作用があり、
自律神経も整えることができます。

安眠できるだけでなく、肌の質にも影響します。

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_s

電子機器の光を遠ざける

これが一番難しいかもしれません。
スマホやパソコンの使用を睡眠の1時間前には一切止めることです。

目から入る光の刺激は脳を興奮させてしまい寝にくくなります。
ただ、ついついベッドでスマホは使用してしまいますよね…。

 

まとめ

せっかくの育毛アイテムも、生活習慣で効果が台無しになっている
ということはよくあります。育毛にコストをかけるなら、
生活習慣を見直すことで育毛アイテムの効果もよりスムーズに
実感できるかもしれません。

Share Button

薄毛テラスの想い