薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

ボディソープで洗髪するとどうなるの?

Share Button

いざ髪の毛を洗おうと思ったとき、シャンプーがなくなっていたという経験をした人もいるかもしれません。
そんなときにはボディソープで洗ってしまえばよいと思っている人は、考えを改めるべきです。
ボディソープも洗浄力が高くなっているのですが、名前の通りに体を洗うために作られている物なので、当然頭髪に適しているわけではありません。
いろいろなデメリットもあるので、止めるべきでしょう。

ボディソープはシャンプーと違う

似ているようで異なっているシャンプーとボディソープですが、どのような点が異なっているのでしょうか。それはシリコンなのですが、よくシャンプーを選ぶ場合には、ノンシリコンのタイプを選ぶべきという話を聞いたことがある人もいるでしょう。逆にシリコンが入っているシャンプーを選んだ方が、髪の毛が絡まりにくくてよいという話を聞いたことがある人もいると思います。

シリコンというのは髪の毛の絡まりを防止するための成分であり、ノンシリコンタイプのシャンプーであっても、別のタイプの成分が入っているのが一般的です。ボディソープにはシリコンなどの絡みを防止する成分が一切入っていません。そのため、ボディソープで髪の毛を洗ってしまうと、ごわごわした感じになってしまうことが多いのです。

髪の毛が痛んでしまう

ボディソープで髪の毛を洗った場合には、髪の毛が痛んでしまうことが多いのです。シャンプーは髪の毛の洗うのに特化して作られているので、洗ったときにきしみを自然に抑えることができます。ボディソープにはきしみを自然に抑える成分が全く使われていないので、結果きしみが生じてしまい、髪の毛が痛んでしまうことに繋がります。髪の毛にはキューティクルと呼ばれているものが存在しています。

名前ぐらいは聞いたことがあるという人も多いでしょう。キューティクルは髪の毛の表面を覆っている鎧のような存在です。このキューティクルを痛めてしまうと、当然髪の毛の内部にまでダメージが届きます。きしみというのはキューティクルを痛めてしまう原因でもあるので、ボディソープで髪の毛を洗うことはおすすめできません。

スタイリング剤などが落ちない

人によってはスタイリング剤を使用することもあるでしょう。スタイリング剤を使用した場合、ボディソープでは落とすのがかなり難しくなってしまうのです。自分はスタイリング剤を使用していないから関係ないと思う人もいるでしょうが、上記でも紹介したように、髪の毛を痛める原因になってしまうため、スタイリング剤を使っていても使っていなくても、ボディソープで髪の毛を洗うのは控えるべきでしょう。

Share Button

薄毛テラスの想い