薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

ヘアカラーが及ぼす抜け毛への影響

437views

Share Button

最近は髪の毛を染める人が多いのですが、どちらかというと男性より女性の方がヘアカラーを使う人が多くなっています。
しかし、このヘアカラーが髪の毛を痛めてしまうのを知っているでしょうか。
ヘアカラーは人工的に色を変えてしまうので、元々持っている色素を破壊してしまうことになるのです。

髪の毛を染めると、頭皮がヒリヒリするという経験をした人もいるでしょう。これは髪の毛や頭皮にダメージを受けている証拠です。髪を染める方法にもいろいろな種類が存在しています。ヘアカラーは頭皮にダメージを受けやすい方法ので、できる限りダメージを受けない方法がよいでしょう。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはヘアカラーよりも頭皮や髪の毛に与えるダメージが少なくなっています。なぜならヘアカラーは髪の毛の内部にも影響が出るのですが、エアマニキュアは外側だけを染めるので、染める頻度は多くなるものの、ダメージは少なくなるのです。ただし、頭皮に付着すると刺激が強いので、注意して使用しましょう。

ブリーチ

ヘアマニキュア以外にも、ブリーチという方法があります。ブリーチというのは、脱色剤を使って髪の毛の色を抜き、明るく見せるために使用します。ただし、ヘアカラーよりもダメージが大きくなるので、連続しての使用は止めましょう。

着色剤

最も頭皮や髪の毛にダメージを与えない方法が着色剤です。ただし、手間がかなりかかってしまう上に、料金も高くなるというデメリットもあります。

ヘアカラーの影響

ヘアカラーを行いすぎると、いろいろな影響が出てしまいます。特に多くなっているのが薄毛と抜け毛です。男性でも気にする人がいるので、女性であれば大半の人が気にするでしょう。しかもダメージを受けての抜け毛や薄毛なので、改善するのが難しくなります。頭皮の環境が悪くなる前に、ヘアカラーを止めることが重要です。受けたダメージを回復させるための対策も行いましょう。

Share Button

薄毛テラスの想い