薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

AGAは生活習慣で改善できる?

569views

Share Button

AGAは男性ホルモンのひとつであるテストステロンが、5α-リダクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに変換され、そのジヒドロテストステロンの作用によって発毛が抑制される事で引き起こされますが、生活習慣が原因で抜け毛を助長したり、薄毛を進行させてしまうことはあります。
ということはAGAの治療を行う場合、薬を使用していくことになりますが、薬だけに頼らず生活習慣によってAGAを改善していくことが出来るのでしょうか?

AGAと生活習慣の関係

AGAを進行させるのは毎日の生活習慣も関係しているのでしょうか?

生活習慣を改善

髪にとって良い習慣と悪い習慣があります。喫煙、睡眠不足、ストレス、眼精疲労、運動不足、過度の飲酒など、日常的に悪い習慣を続けていると髪にとっては良くありません。髪にとって良い習慣を日常に取り入れて、身体の中から育毛していくことが出来ます。

栄養バランスや食生活の乱れは薄毛を促進

髪に必要な栄養が不足すると、AGAに関わらず薄毛・抜け毛・弱い毛・脱毛が発生し、結果としてハゲに繋がってしまいます。栄養バランスや食生活の乱れによる消化不良・内蔵系の機能低下は、髪の栄養不足を招きます。バランスの良い食事をとることは薄毛対策にも有効なのです。

生活習慣改善は非常に有効

AGA治療薬を使用している場合も、その効果を最大限に発揮するためにも生活習慣改善は非常に有効です。髪に良い習慣を日常的に行うことでAGAの進行を抑えることが出来るでしょう。

頭皮環境を進行させやすい生活習慣

頭皮環境を悪くさせやすい生活習慣について説明します。

偏った食事

髪を生育するのは、食事から摂取される栄養がもととなっています。髪はタンパク質で出来ていますから、髪の元となる良質なタンパク質やアミノ酸が不足していては、健康な髪を維持することはできません。バランスの悪い食事をしていると肌あれになるように、髪のコンディションも悪くなってしまうのです。髪の毛は食べ物の栄養を元に作られますし、また栄養には髪の毛を丈夫にする役割もあります。そのため、薄毛を防ぐには栄養が欠かせません。髪の毛のもととなるタンパク質やアミノ酸などを積極的に摂るようにし、バランスのよい食事を摂ることを心がけましょう。

アルコールの過剰摂取

アルコールの摂取は過剰な皮脂分泌の原因となります。皮脂が多くなってしまうと、頭皮の毛穴を塞いでしまうので、発毛や育毛を阻害する原因になります。大量に消費すると、髪をつくる材料が不足してしまうことがあるのです。飲み過ぎないように注意しましょう。

喫煙

喫煙は頭皮の血行も悪くなり、髪へ必要な栄養素が運ばれにくくなり、栄養不足を招くことがあります。禁煙とはいかないまでも、控えめにしましょう。

睡眠不足

人は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって髪を成長させていったり、修復を行うのです。成長ホルモンの分泌は、一日のうち22時頃にピークをむかえます。その影響で髪も22時から深夜2時頃までに最も成長すると言われています。睡眠不足によって成長ホルモンの分泌が滞ると、髪の成長も滞るのです。

運動不足

運動不足は血行不良の原因になります。血行不良になると隅々にまで栄養が行き届かなくなってしまうので、抜け毛を招いてしまいます。運動をすることはストレス解消にもなるので精神的にも良いのです。

生活習慣の改善でどの程度AGAを改善できる?

毎日の生活習慣の改善によってAGAが改善する程度について説明します。

生活習慣改善でAGA治療をサポート

生活習慣を改善することで、ストレスが溜まりにくくなり安定した精神状態を保つことが出来るようになります。気持ちが落ち着くと食生活が安定しますし睡眠時間も安定します。

これらは、育毛剤やAGA治療薬を使用した時の効果をサポートすることにつながります。どんなに効果が高い治療薬を使用していても、生活習慣が乱れたままであれば効果を減らすことになってしまうのです。

生活習慣改善だけでAGA利用はできない

生活習慣を改善してもそれだけでAGA治療が出来るわけではありません。生活習慣を改善するだけでは、「発毛を促進すること」は出来ないし、「脱毛を止める」ことも直接的には出来ないのです。専門治療と併用して初めて育毛・発毛に効果を発揮することが出来るのです。

まとめ

生活習慣だけで薄毛を改善しようとしても難しいですが、生活習慣はとても大切なので、AGA治療をする際には薬の治療だけに頼らずに生活習慣の見直しも行いましょう。

Share Button

薄毛テラスの想い