薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

抜け毛を予防するためのシャンプーテクニック

1042views

Share Button

薄毛が進行している場合、毛量の減少に伴うように、適当にシャンプーをしている人が多くいますが、これでは余計に抜け毛を増やし薄毛を進行させてしまいます。
抜け毛・薄毛をシャンプー法だけで解消することはできませんが、シャンプーを正しく行わないと、抜け毛を促進したり、せっかく生えた髪の発育を妨げてしまうのです。

抜け毛のシャンプーのコツ

抜け毛を防ぐためにシャンプーのコツを紹介します。

髪のもつれをとかしておく

髪は濡れると絡みやすくなるので、あらかじめ、目の粗いブラシや手ぐしで、もつれをとかしておきましょう。抜け毛の原因になります。

シャンプー前に髪を濡らす

乾いた髪にいきなりシャンプーをつけると、シャンプーの成分が髪の中に入り、洗髪した後にしみ出て頭皮にダメージを与えることがあります。これを防ぐため、シャンプーをつける数分前に、髪をシャワーでよく濡らしておきましょう。

シャンプーは直接髪につけない

シャンプーを直につけ、髪を使って泡立てると、どうしても洗髪時間が不必要に長くなり、髪と頭皮がダメージを受けてしまいます。シャンプーは手に平にとって泡立ててから頭髪につけて洗っていきましょう。

爪を立て洗わない

爪を立てて洗うと、頭皮を痛める上に、洗髪後の皮脂分泌をさらに活発にさせることになってしまいます。指先でなく指の腹をつかい、頭皮をマッサージするように洗いましょう。

シャンプーは短時間に

気持ち良いからとシャンプーに時間をかけすぎると、やはり頭皮に良くありません。今ある髪の量にもよりますが、洗髪にかける時間は最大で1分程度にしましょう。

すすぎは十分に

髪や頭皮にシャンプーの成分が残らないようにするため、すすぎは洗髪の倍近い時間をかける必要があります。

シャンプー後は

シャンプーも大事ですが、シャンプー後もひじぃうに大切です。

ドライをしっかりと

しっかりタオルドライします。力をいれて乱暴にこするのではなく、上から抑えるようにして水気をふき取っていきましょう。

髪が渇いてブラッシング

髪を濡れた状態でブラッシングすると、摩擦が強くなって負担になりますから、ブラッシングは髪が乾いてから行いましょう。

おススメシャンプー

抜け毛を予防するおすすめのシャンプーを紹介します。

チャップアップ

洗浄成分は5種類のアミノ酸系成分のみを使用、頭皮に優しい弱酸性のノンシリコンシャンプーです。さらに、オーガニックエキスも10種類配合。頭皮を健康に保ち、ハリ・コシを与えながら、ボリュームアップ効果も期待できます。

ヘアリプロ

ヘアリプロは、頭皮の健康を守る、理想的なトータルケアができる役用スカルプシャンプーです。ハリコシツヤを与え、ボリューム感をアップする成分、血行を促進し、髪の成長を活性化させる成分、髪や頭皮を保湿し保護する成分 など髪質を向上させる有効成分が配合されています。

LUXE

インド伝承の3種のハーブを配合と天然由来の上質なシルクアミノ酸を使用した夜専用のスカルプシャンプーです。コンディショナー不要、これ1本で頭皮ケアOKという手軽さが魅力です。

まとめ

毎日の正しいシャンプー法で育毛に適した頭皮を作って抜け毛や薄毛を防ぎましょう。

Share Button

薄毛テラスの想い