薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

帽子は抜け毛を加速させる?

47views

Share Button

長い時間帽子をかぶると抜け毛の原因になると言われた経験がある人もいるでしょう。
確かに暑い時期に帽子をかぶっていると、頭が蒸れてしまうことがあります。
実際は帽子と抜け毛は関係しているのでしょうか。

主な抜け毛の原因とは

抜け毛の原因と言われているのは、ストレスや遺伝、睡眠不足や栄養の偏り、頭皮環境の悪化などが挙げられます。帽子をかぶっていることが原因であるとすれば、頭皮環境の悪化が考えられるでしょう。もちろん他のことが原因である可能性もあるのですが、普段からよく帽子をかぶるのであれば、しばらくかぶらないで様子を見ることをおすすめします。

帽子の種類を考える

夏場の暑い時期に、帽子というのは紫外線の予防や熱中症対策にとても効果的です。それと引き換えに頭皮環境を悪くしてしまうのであれば、どちらを選ぶのか迷ってしまう人もいるでしょう。ここで重要なのは、帽子が抜け毛や薄毛の原因である場合、頭皮環境の悪化を改善しなければいけません。

ようするに通気性が悪くなって蒸れている状態を防げればよいのです。現在ではいろいろな種類の帽子が出ており、通気性がよくて蒸れにくい種類もあります。まずは現在かぶっている帽子の種類を見直してみましょう。

帽子のかぶり方にも注意

頭皮の環境を悪化させてしまう原因は、帽子の種類だけではありません。かぶり方にも問題がある場合があります。それは室内でも常に帽子をかぶっていることで、長時間通気性が悪い状態が続いていることや、汗をかいたまま放置して、また使用しているなどです。

できる限り帽子をかぶる時間を減らすために、直射日光が当たらない場所でかぶるのを避ければ、必然的に帽子をかぶる時間を減らせます。また、汗をかいたら洗濯をすることで、帽子を清潔にしておくことも、頭皮環境をよくすることに繋がってくるでしょう。

Share Button

薄毛テラスの想い