薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

育毛サプリに含まれるプロペシアとは?

118views

Share Button

プロペシアとは、世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA)の治療薬です。
ここではプロペシアについて詳しく説明します。

プロペシアとは

そもそもプロペシアとはどのようなものなのでしょうか?

プロペシアについて

プロペシアは、AGAの治療を施す、医療用医薬品としては効果と安全性が認められた、米国医薬品メーカー、メルク社が開発した世界で初めての医療用医薬品です。AGAで悩んでいる人が病院を受診すればプロペシアを処方されるかなり有名な薬です。

プロペシアの効果

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)の原因とされている『DHT』の生成の抑制をする働きがあります。このDHT(ジヒドロテストステロン)は、男性ホルモンであるテストステロンが『5α-還元酵素』という変換酵素の働きを受けて生成されるものです。

プロペシアは、この『5a-還元酵素』を阻害することでAGAの大敵DHTの生成を抑制してくれるので、服用することによって脱毛量の減少が起こるのです。また軟毛の成長も期待できます。

プロペシアの副作用

プロペシアには副作用があります。

副作用について

プロペシアの副作用として、主に頭痛、腹痛、下痢、眠気が生じます。さらに胃部不快感や頻尿といった消化器系の副作用が報告されています。

男性のみの使用

プロペシアは女性に対する適応はありません。女性は使用しないで下さい。

初期脱毛が起こる

プロペシアを服用しはじめて、逆に抜け毛が増えたという利用者の声があります。これがプロペシアの初期の効果が現れの証拠です。初期脱毛が起こるとこのままどんどん抜け毛が増えていくのではないかと不安になり、プロペシアの効果を信用できなくなり中断してしまう人もいます。しかし初期症状が出たということは効果が出始めている証拠なのです。プロペシアの初期脱毛は早い方であれば、服用開始から3日目くらいから症状が現れ、1週間くらいの間には、ほとんどの方に症状が現れます。怖がらずに継続していくことが大切です。

プロペシアは誰にでも効果があるの?

プロペシアは誰にでも効果があるのでしょうか?

プロペシアが効かない人も

プロペシアは、誰にでも効果が見られるという薬ではありません。患者様の体質や症状によっては思うような効果が得られないケースもあります。

プロペシアはAGA治療に有効な薬とは言っても、誰にでも同じように効果が期待できるわけではありません。それぞれ、薄毛の症状は異なりますし、プロペシアの効果が出にくいひともいます。

また、個人輸入で入手した場合、偽物をつかまされることもあります。プロペシアだと思って服用しているものが、プロペシアではない可能性があります。その場合は、当然のことですが「効果が出ない」ということになってしまいます。

効果を高めたいのであれば用法容量を守る

決められた用法や容量を守って、飲み忘れのないよう、継続して飲み続けることが重要です。この時間に飲めば良い、というものはありませんが、自分の生活スタイルに合わせて毎日決まった時間に飲むようにしましょう。毎日かならず飲んで飲み忘れることの内容に気を付けましょう。すると飲み忘れ防止になります。また、効果が出てきたからと飲むのをやめてしまうと、薄毛の症状が再発しますので、途中で辞めることのないようにしましょう。

まとめ

プロペシアは継続的に服用し続けることで、効果を発揮し続けますので、中断することなく服用を続けることで発毛効果が得られます。

Share Button

薄毛テラスの想い