薄毛テラス

日本の頭髪の未来を明るく“照らす”薄毛総合情報サイト

まつ毛によく効くおすすめ育毛剤

143views

Share Button

まつ毛をもっと長くしたいけど、生まれつきあまり長くないから・・・とあきらめることはありません。
まつ毛に効果のある育毛剤を使えば、まつ毛の長さを伸ばすことが叶うかもしれません。

まつ毛育毛剤について

まつ毛育毛剤について説明します。

まつ毛育毛剤とは

まつ毛育毛剤はまつ毛を伸ばすためのものです。元々のまつげが細く両目のまつげの量もまばらな人であれば、まつ毛育毛剤を使うことでまつ毛を生やして伸ばすことが出来る可能性があります。

美容液と育毛剤の違いについて

まつ毛育毛剤とまつ毛美容液の違いについて説明します。まつげ美容液は、まつげを濃く長くするためのものです。元々あるまつげを太く長くする働きがあります。一方、まつ毛育毛剤はまつげの発毛を促進させ量を増やす働きがあるので、両者には違いがあるのです。

医療現場で生まれたまつ毛育毛剤

まつ毛用育毛剤は、もともとは緑内障治療薬の副作用として発見されたものです。緑内障の治療薬に用いられるプロスタグランジン系やビマトプロストの点眼薬を使用したところ、まつ毛が伸びるとの副作用があることが分かったのです。

まつ毛育毛剤の使い方

まつ毛育毛剤の正しい使い方を説明します。

1日に何度も利用する

まつ毛育毛剤はたまに利用しただけでは効果を感じることはできません。できれば1日に何度も利用するようにしましょう。メイクをしたら育毛剤を使えなくなるのでメイク前とメイクをオフしたときにはまならず利用するようにしましょう。

朝のマスカラを塗る前にまつ毛用下地の代わりに育毛剤を使うのもおすすめです。夜はメイクをオフした後に塗りますが、寝る前にもう一度塗っておけば寝ている間に育毛剤分がまつ毛に浸透してくれるでしょう。

まつ毛育毛剤の塗り方

まつ毛育毛剤はただ塗るだけではだめです。しっかりと効果を得るためには正しい塗り方を覚えましょう。まずは、育毛剤をまつ毛の根元にたっぷりとつけます。まつ毛全体につくように上側と下側の両方から塗ります。塗りにくい部分などは綿棒を使ってすべてのまつ毛に育毛剤が行き渡るようにしましょう。

まつ毛の負担が大きくならない生活を

まつ毛の負担が大きくなってしまうと育毛剤を使っていてもなかなかまつ毛が伸びてくれませんし、伸びることを妨げてしまいます。

摩擦を軽減する

マスカラを塗ってそれをオフするとき、まつ毛をごしごしとこすっていませんか?まつ毛は大変デリケートなので強い力を入れてこすられるとすぐに抜け落ちてしまいます。

摩擦の力が大きいとまつ毛には負担となってしまうのです。少しでも摩擦を少なくするために、マスカラはクレンジングで落とすのではなく専用リムーバーを使うようにしましょう。

専用のリムーバーを使えば、まつ毛に負担をかけずマスカラもアイメイクも綺麗に落とせます。

たまには休ませる

まつ毛にも休息日をもうけましょう。アイメイクに力を入れているとどうしてもまつ毛には大きな負担となっているのです。たまにはまつ毛を休ませてあげることが必要です。まつ毛を休ませると摩擦も起きませんし、まつ毛の負担が軽減されます。週に1~2日はマスカラを塗らない日を作って1日に何度も育毛剤を塗ることが出来る日があることが理想です。

まとめ

まつ毛が生まれつき少なく短くても、まつ毛育毛剤を使って長く伸ばすことは可能です。あきらめないで育毛剤を使っていきましょう。

Share Button

薄毛テラスの想い